.  TOTAL 

WHIM・・・?

WHIM-design建築事務所 福繁 愛のブログです。
建築数人会2011展
建築数人会展に行ってきました。

宮森先生の事務所にお邪魔すると、
焼肉のタレをひっくり返して恥ずかしかったことを思い出します(;´Д`)


0429
ここの雰囲気が好きです^^


0429

0429

0429

0429

0429 0429

0429 0429

0429

前回と前々回は「都市」をテーマにされていてちょっと難しかったけど、今年は遊びごころ満載のオブジェ達が並んでいて楽しませてもらいました。

会場でyumilyさんにお会いしました。
昨年9月に一緒に古田幼稚園を見学させてもらって以来でした^^


0429

建築数人会2011展
もう一つの建築/広島の建築家8人による空感のかたち

2011年4月29日(金)〜5月8日(日)
11:00〜17:00
入場無料

宮森洋一郎建築設計室1階ギャラリー
広島市中区東平塚町1-1
082-243-2717


| 建築 | 19:02 | comments(2) | - | pookmark |
古田幼稚園見学勉強会
『古田幼稚園見学会』に参加させていただきました。
宮森洋一郎建築設計室アーキウォーク広島による合同開催です。

設計は村山建築設計事務所(横浜市) 村山雄一先生
施工は西松建設で、今日は当時の現場監督さんだった山本氏にお話をうかがうことができました。

竣工:平成元年(築22年) 木造


0911
民家が建ち並ぶ細い路地の奥で不思議なオーラを放っていました。
古江にこんな建物があったなんて・・・

0911
壁も屋根もぐにゃぐにゃ。外から眺めるだけでワクワクしてきます。

0911
中は杉としっくいで仕上げられた心地よい空間。
どの教室も天井が高く、開放的で気持ちが良いです。
水平垂直はあるけれども直角の部分のない設計にすることで、お母さんのお腹の中に包まれているような安心感を作り出しているそうです。

0911
建物全体が遊具とのことで、教室の中に行き止まりの階段があったりします。

0911
上から見下ろしてみると、子供に戻ったように楽しくなってきます^^

0911
契約図面に村山先生が描かれた鳥瞰図が添えられていました。

0911
図面はどれも丁寧に詳細に描かれていて、宮森先生も絶賛されていました。

0911
別の教室も同様に高い天井が有機的に組み合わさっていて、建物の内部というよりはまるで自然の中にいるような感じがします。

0911
22年経っているとは思えないほど状態がよく、設計された方、施工された方、そして実際に使っていらっしゃる方の愛情を感じる建築です。

0911
外は広々としたテラスになっていました。子供達がイキイキと走り回る姿が目に浮かびますね。

0911

最後にみんなで記念撮影。
前列中央の女性が園長先生。左隣が施工された山本氏、右隣が宮森先生です。


暑かったけど・・・・・

楽しかった!(笑)


いつかこんな建物を設計してみたいな〜♪

誘ってくださったKさん、ありがとうございました。


| 建築 | 21:59 | comments(0) | - | pookmark |
Hiroshima 2020 Design Charrette
Hiroshima 2020 Design Charretteは、

広島市が検討している2020年夏季オリンピック・パラリンピックの招致に対して、建築・デザインに関わる立場から発言していくイベントです。

夕方からのシンポジウムは定員オーバーとのことだったのでその前のワークショップだけ見させてもらって帰るつもりでいたら、
SUPPOSE DESIGN OFFICEの谷尻誠氏が主催の方に話してくださって、観覧させてもらえることになりました^^

シンポジウムを観覧しながらたくさん思うことがあったのですが、改めて言葉にするよりも途中リアルタイムで送っていたツイートのほうが臨場感があるのでそのまま転載します(笑)

Twitterをやってなかったら意味がわからないかも。ごめんなさい。

今日、昼からのぞいてこようと思います〜♪ RT @kaikyou_ship109: 広島のデザインシャレットが面白そうだ。posted at 10:44:24


広島デザインシャレット、到着。静かに盛り上がってるかんじ。 http://twitpic.com/1udil0posted at 13:47:31




シンポジウムはじまります〜 http://tweetphoto.com/25873305posted at 16:03:13



A+SAによる発表は、オリンピックを通して広島を社会福祉都市へ、と。 http://tweetphoto.com/25875696posted at 16:24:21



H2R Architects。オリンピックをどう体験するか。内側から? http://tweetphoto.com/25876422posted at 16:31:00



製作過程を見た後で発表を聞くと面白い☆ ♯HODCposted at 16:35:08


サポーズ。大きな風船で雲のような屋根を。川に船を浮かべて大きなトラックを。オリンピックが終わったらそれらは撤収できる。 http://tweetphoto.com/25877424posted at 16:40:27



スキーマ建築計画。水に浮く都市。作るものは川に浮かべることで負の遺産を作らない。♯HODCposted at 16:47:03



中村竜治さん。選手村を海に浮かべる。船と島の中間のようなもの。♯HODC http://tweetphoto.com/25878551posted at 16:51:01


藤村龍至設計事務所。超高密度小型地方都市モデルのスタディ。郊外に拡大することの問題。♯HODC http://tweetphoto.com/25879606posted at 17:01:05



広島の街を1000人/ha程に圧縮することで行政コストを削減。中心部に集中させることで高密度都市へ。♯HODCposted at 17:05:06


ユニティデザイン。建てざるを得ない大きな建造物を負の遺産にしない→空洞化する都市の再構築に利用。選手村を分散配置。地域とのつながり♯HODCposted at 17:11:27


小学校を利用したタワー。♯HODC http://tweetphoto.com/25881049posted at 17:15:17



対象が自分のよく知ってる街なだけに、各提案を聞いて考えさせられます。外部の人から見た広島のイメージが面白い。♯HODCposted at 17:19:57


ゲストコメンテータの古谷誠章氏から。なぜ広島なのか、広島でやることの意味を考えるべき。世界に2しかない被爆都市の広島。各々の提案の中に、それについての言及がなかった。♯HODCposted at 17:23:37


世界から多くの人が来るということを、都市としてどう受け入れる。どう生かす。それについての考えを聞いてみたい。♯HODCposted at 17:26:57


広島はすでに非常に住みやすいコンパクトシティー。街中に川が多く流れていることも良い。とのこと。♯HODCposted at 17:30:53


それぞれの提案についての古谷先生の感想を聞くことでさらに理解が深まります。♯HODCposted at 17:34:05


A+SA佐々木氏。世界においてはある意味で東京よりも知名度のあるヒロシマ。オリンピックが広島で開催されることで、その実態が世界に伝わる可能性が。♯HODCposted at 17:40:05


広島は世界に支えられた平和都市。広島で開催されることの意味を広島市の発展につなげるのは違うのでは。など、熱い議論が交わされています。♯HODCposted at 17:47:38


藤村龍至氏。問題を抱えてる都市が変わるチャンスであるオリンピック。これを使わないのはもったいないのでは。♯HODCposted at 17:51:20


広島で生まれ育った広島人としては、我が街への愛ゆえに多くのことを期待して偏ってしまいがちなので、今回のシンポジウムが大きな視点で考えるキッカケになります。♯HODCposted at 17:58:46


広島市民。地方と東京の格差をこのままにしてはいけない。地方でオリンピックを開催することで解消していく。小さな地方都市でもオリンピックができることを示すためには、広島が持っている平和というカードを使うこともあり。♯HODCposted at 18:10:07


広島市民。過去のアジア大会のメリットを広島市民が享受できたのか?市民は懐疑的。との意見も。新しい都市像を。♯HODCposted at 18:17:28


貴重なプレゼンを失礼にも殴り書き的にレポートしてすみません。良い刺激を頂きました。後半も聴講したかったけど、これから来客があるので帰宅します。後でユースト見ようっと。♯HODCposted at 18:41:19




話を聞きながら同時にツイートしていくの、けっこう大変だったんです(笑)
支離滅裂でごめんなさい。

前半だけでパンクしそうな濃い時間でした。


| 建築 | 22:22 | comments(1) | - | pookmark |
建築探訪の一日
いつもお世話になっているK建設のK氏にお誘いいただいて、
似島へ行ってきました。

今日は山陰へ行く予定にしていたのですが、急遽スケジュールが変わったので^^

宮森洋一郎先生の設計による似島学園の施設が竣工したとのことで、さっそく見学させてもらっちゃったのです( ´艸`)♪

0418
海に向かって開放的に設計されています。

0418
中のような外のような、心地よい空間。

0418
全てが絶妙のバランスでデザインされています。

宮森先生の建築は、中に入ると本当に気持ちがいい。
不思議な感覚です。

この感覚をしっかり吸収したい(笑)


竣工後、引渡し前の貴重なチャンスに見学させてもらうことができてラッキーでした。K氏に感謝☆


陸に戻って昼食後こんどは大野へ向かい、三分一博志さん設計の建築を見てきました。

0418
重力換気を利用したエアコンいらずの建物、だそうです。

地球建築家の三分一さんらしいです。

写真ではわかりにくいですが、室内は半分土中に埋まりこんでいて窓から外を見上げるような感じです。

これも素敵な発想。
本当に素晴らしいです。



帰りに大頭神社で滝を眺めて癒され、最後にコイン通りの造幣局で桜を鑑賞して帰りました。

0418
いろんな種類の桜を楽しむことができました^^

天気がイマイチだったのかちょっと残念。



・・しかし、今日はよく歩いた〜〜!

日頃運動不足なので、筋肉痛になりそうです^^;



| 建築 | 18:53 | comments(6) | - | pookmark |
下蒲刈
朝、急に電話で誘われてtonoさんと下蒲刈島へ・・・

今日は家にこもって仕事する予定ですって言ったのに、こんな日に仕事してちゃいかんと連れ出されました^^;


1004
平成12年に開通した安芸灘大橋です。綺麗な吊橋だなぁ〜

1004
海もすごく綺麗です。

続きを読む >>
| 建築 | 20:12 | comments(2) | - | pookmark |
建築数人会2009
宮森洋一郎建築設計室1階ギャラリーにて、今年も開催されました。

西区のK建設のK氏と一緒に行ってきました。

前回は2008年5月25日。
わたしが焼肉のタレをひっくり返した日・・・^^;


1003

建築数人会2009−都市に向けて
広島の建築家8人による都市に向けた課題と提案
2009年10月3日(土)〜10月18日(日)



学生さんが多く、わいわいと賑わっていました。

1003
↑手前でいじけてる人が(笑)


宮森先生はとても気さくな方で、半分はお遊びなんだよと笑っておいででした^^
先生の事務所のスタッフさんも気持ちの良い方ばかりで、素晴らしいなぁと思います。


今日は遠藤先生ともお話しでき、細見先生の息子さんや宮森先生の奥さまともお会いできて嬉しかったです。


来年はどんなテーマが出題されるのかなぁ〜。

楽しみです♪


| 建築 | 19:38 | comments(2) | - | pookmark |
東京出張
4/22〜4/26まで5日間、東京出張でした。

仕事は初日だけで、残りは遊びですが(笑)

久しぶりの良い機会なので時間をとって友人と会い、
あちこち見てきました◎



0422

できたばかりの東京ミッドタウン。
高級そうなブティックやレストランばっかりです。空間の演出やデザインなど勉強になります。

0422

ミッドタウンの周囲は公園になっていて、とても都会のど真ん中とは思えない癒し空間でした。
東京という街のスケールを感じます。

0424

表参道。
有名ブランドショップが立ち並ぶ通りですね。
ケヤキ並木が気持ちよかったです。

0424

表参道ヒルズの横に、同潤会アパートの一部が残されていました。
現代の規格には合わない建物ですが、取り壊されず再現されたことが嬉しいですね。

0424

PRADAビル。
外観もさることながら内部の造りも斬新で素敵だったのですが、撮影禁止ということで写真は撮れませんでした。

このまま青山まで歩き、珍しい建物を一通り見てきました。

東京の街は・・・・坂が多いせいか、高低差を生かした空間づくりが上手だなぁ〜と感じました。


0424

夜の新宿です。
東京モード学園のコクーンタワーがそびえ立っています。

0424

友人の口利きで、職員の方に内部を案内してもらえることに・・・(Sさんありがとうございました☆)
一般の人は入れないらしい最上階の展望室では、360度のパノラマで夜景を楽しみました^^


0426

最終日は首都高を使って東京見物。
正面に見えているのが六本木ヒルズ森タワーです。首都高から東京タワーも見ることができました。

0426

レインボーブリッジをわたってお台場へ。


0426

フジテレビ本社ビル・・・想像以上に大きかったです(笑)

0426

最後は皇居をぐるっとまわりました。
写真は国会議事堂です。


忙しい時期に無理矢理とった休みでしたが、とても有意義な時間を過ごすことができました◎

しっかりリフレッシュしたので、今日からまたがんばります♪(笑)



tonoさんへ。
トイレのピクトです。

0424

0424

おみやげ(笑)


| 建築 | 16:26 | comments(3) | - | pookmark |
TOTO通信
tonoさんからTOTO通信の最新号を頂きました。

TOTO通信

今回はヒロシマミニマルというテーマで広島の建築事情について特集されているんですよ。特定の地域で特集を組むことは今までになかったそうです。

好きな建築家が2人も取り上げられています^^


広島で活動している建築家の数は全国的に見ても多いほうだとは聞いていたのですが、TOTO通信での掲載数も大都市圏をのぞけば別格に多いのだそう。

何となくうれしいですね(笑)


TOTO通信って、無料で配布されている割にレベルの高い建築雑誌だと思うんですよ。写真も文章も素晴らしいです^^



広島は保守的で閉鎖的な街と言われますが、意外にそうでもないのかな?

少し前には日経アーキテクチュアでも特集を組まれていたし。


広島の建築が、これからますます盛り上がっていくと良いなぁ〜と思ったのでした。


| 建築 | 10:58 | comments(2) | - | pookmark |
『時を超える建築の価値』
広島県建築士会主催の「公開まちづくりセミナー2008」に参加してきました。

1ヶ月以上前から楽しみにしてました^^

今回のテーマは『時を超える建築の価値』。

時を超える建築の価値


(株)日建設計名誉顧問でいらっしゃる林昌二氏の講演の後、林氏と三分一博志氏による対談があり、これが楽しみでした。

三分一博志氏って、広島に事務所を構えていらっしゃる若手?中堅?の建築家ですが、ホームページはないしぜんぜんメディアにも出ないので、ある意味ミステリアスなカリスマなのです(笑)



80歳になられる林氏の「わたしがやってきた50年の間、建築は本質的には何も変化していない」という言葉と、

40歳になられる三分一氏の「建築を通して地球のディテールを考えることに興味がある」という言葉が印象に残りました。

このお2人の組み合わせ、すごいですよね(笑)


共通しておられるのは、次々と新しい建材を開発しては使い捨てていく現代の建築への「NO!」というメッセージ。

林氏は、戦後のモノがない時代に手近なありふれた材料の中から新しいカタチを創り出された。
三分一氏は、廃墟として捨てられた島の廃材を生かして巨大なアートを創り上げられた。


「時を超える建築の価値」というのは、こういったところにあるのかな、と思いました。



それと、三分一氏の「地球(!)」との関わり方にも心を揺さぶられました^^

わたしも日頃から「その土地にしか建たないもの。その土地だからこその建築」というのを意識して考えていたので、とても共感できました。


今日はとても良いお話が聞けて、嬉しかったです。
今度、三分一氏が最近手がけられた「犬島アートプロジェクト」にも行ってみたいと思います。



あ、それと。

たまたまですが、宮森洋一郎建築設計室の石川氏と奥野氏が後ろに座り、前の席には以前勤めていた事務所に研修生として来ていたOさんが座っていました。

200名が集まった会場の中で、すごい偶然です(笑)

Oさんは今土木事務所で働いていらっしゃるそうですが、やはり建築が好きなので転職を検討中とのこと。


建築って・・・・・楽しいですよね◎




| 建築 | 19:26 | comments(4) | - | pookmark |
現場見学
いつもお世話になっている営業のKさんに誘われて、

サポーズデザインオフィスの谷尻氏が設計された結婚式場の現場を見学させてもらいに行きました。

現場は追い込み中だけど、今を逃すともう見れないからってことで。

0927


ちょうど谷尻氏と一緒になり、丁寧に案内していただいちゃいました♪

運が良いです◎


谷尻氏には先日のシンポジウムでもお会いし、素晴らしいプレゼンテーションを聴講させていただきました。

同氏がデザインされたメジャー欲しさに雑誌を買っちゃうほど(笑)、尊敬している建築家です^^


照明や家具に至るまで全てデザインされたそうで、考え抜かれた空間には圧倒させられますね^^

東京のデザイン家具会社E&Yの松澤氏もご一緒で、良いお話を聞かせていただきました。


0927

どこも素晴らしかったけど、やはりチャペルが最高です。

もう一度結婚することがあったら、ここで式を挙げたいと思います(笑)



| 建築 | 19:27 | comments(4) | - | pookmark |