.  TOTAL 

WHIM・・・?

WHIM-design建築事務所 福繁 愛のブログです。
<< リニューアル | main | またまた、家具。 >>
『時を超える建築の価値』
広島県建築士会主催の「公開まちづくりセミナー2008」に参加してきました。

1ヶ月以上前から楽しみにしてました^^

今回のテーマは『時を超える建築の価値』。

時を超える建築の価値


(株)日建設計名誉顧問でいらっしゃる林昌二氏の講演の後、林氏と三分一博志氏による対談があり、これが楽しみでした。

三分一博志氏って、広島に事務所を構えていらっしゃる若手?中堅?の建築家ですが、ホームページはないしぜんぜんメディアにも出ないので、ある意味ミステリアスなカリスマなのです(笑)



80歳になられる林氏の「わたしがやってきた50年の間、建築は本質的には何も変化していない」という言葉と、

40歳になられる三分一氏の「建築を通して地球のディテールを考えることに興味がある」という言葉が印象に残りました。

このお2人の組み合わせ、すごいですよね(笑)


共通しておられるのは、次々と新しい建材を開発しては使い捨てていく現代の建築への「NO!」というメッセージ。

林氏は、戦後のモノがない時代に手近なありふれた材料の中から新しいカタチを創り出された。
三分一氏は、廃墟として捨てられた島の廃材を生かして巨大なアートを創り上げられた。


「時を超える建築の価値」というのは、こういったところにあるのかな、と思いました。



それと、三分一氏の「地球(!)」との関わり方にも心を揺さぶられました^^

わたしも日頃から「その土地にしか建たないもの。その土地だからこその建築」というのを意識して考えていたので、とても共感できました。


今日はとても良いお話が聞けて、嬉しかったです。
今度、三分一氏が最近手がけられた「犬島アートプロジェクト」にも行ってみたいと思います。



あ、それと。

たまたまですが、宮森洋一郎建築設計室の石川氏と奥野氏が後ろに座り、前の席には以前勤めていた事務所に研修生として来ていたOさんが座っていました。

200名が集まった会場の中で、すごい偶然です(笑)

Oさんは今土木事務所で働いていらっしゃるそうですが、やはり建築が好きなので転職を検討中とのこと。


建築って・・・・・楽しいですよね◎




| 建築 | 19:26 | comments(4) | - | pookmark |
いい話が聞けてよかったです^^
三分一氏は、確かにミステリアスな部分がありますよね。事務所はうちの近所です^^
石川、奥野両氏も勉強熱心だから行くと思ってましたが、まさか、後ろの席とは驚きです。
宮森事務所とは縁があるのでしょう^^
いつか犬島へ一緒に行きますか?
| tono | 2008/10/18 11:11 PM |
昨日、奥野氏に聞いた舟入の店舗を見に行きましたが、閉まってました。日を代えます^^
| k | 2008/10/19 9:58 AM |
三分一事務所のご近所なんですね~^^
なんだかうらやましい(笑)

犬島、ちょっと遠いけど行ってみたいですね。
予約制なので土日は混み合っていそうですが。。。

宮森事務所とはいつも不思議なご縁があるようです。
本当にびっくりしましたよ^^;
| >>tonoさん | 2008/10/19 8:57 PM |
奥野氏の店舗も見てみたいです~。
次行かれる時、誘ってください♪♪
| >>kさん | 2008/10/19 8:58 PM |