.  TOTAL 

WHIM・・・?

WHIM-design建築事務所 福繁 愛のブログです。
脱型と定例会議
先週の土曜日に2階壁と屋根スラブの打設を行い、今日から型枠を外しています。

打設の手伝いに行くつもりだったのですが、別の打合せが入ってしまい、行けませんでした・・・(涙)

0313

リズミカルに(?)解体していってますよ。手際の良さにホレボレします。

0313

例の杉板型枠の部分は型枠自体が杉板とコンパネの二重構造になっていて、まずは外側からバキバキと外していました。

この内側が気になります〜〜

0313

屋根の上です。

外した型枠とサポート(支持材)が綺麗に積み上げられていますね。事故の起きないよう、現場では整理整頓を徹底しています。

このくらい片付いていると、安心ですね。

0313

わたしは関係業者さんたちとの打合せ中だったのですが、営業のK氏が杉板部分を外したところを写真に撮ってきてくれました。

今回も上出来だそうですよ。
90点!とのことで^^


この後、4回目の定例会議。

内装仕上げや細かい部材を選び、確認していただきました。大きなトラブルもなく、順調に進んでいますよ。


現場が落ち着いたら、お施主さんと一緒に現場見学を行う予定です。


・・・楽しみですね♪


| Eマンション新築 | 22:46 | comments(2) | - | pookmark |
配筋検査(2階壁&屋根)
今日は、2階の壁と屋根(R階)のスラブ配筋の検査を行いました。

晴れていますが風が強く、足場の一番上は少し怖かったです^^;

0306

2階のバルコニー面です。このあたりは1階と同じですね。

0306

屋根は、中央にトップライトがあります。このトップライトから階段室を通って1階まで光が届きます。

出来上がりを楽しみにしている部分です。

0306

R階は眺めも最高。
1階は駐車場にでもして、3階建てで計画すればよかったね、なんて話も出ましたよ^^

0306

ちゃんと仕事してます(笑)

| Eマンション新築 | 22:30 | comments(4) | - | pookmark |
圧縮強度試験
先週のコンクリート打設から1週間めの強度をみるため、生コン工場で圧縮強度試験を行いました。

コンクリートは打設後、期間を経るごとに強度が増していきますが、それを確かめるための試験です。

立ち会うのは初めての経験でした^^


温度管理された水中から試験用供試体を取り出し、圧縮試験機へ。

0228

一定の速度で荷重を加えていきます。

打設後1週間で、かなりの強度が出ていました。来週の検査で目標値に届きそうです。


0228

その後、現場でコンクリートの状態をチェック。心配していた杉板打放しの部分は、きれいに板目が出ていました。ちょっと気泡が多いのが反省点です。

0228

階段を使って2階に上がりました^^

0228

壁の配筋が終わり、型枠を組み始めています。来週末に壁と屋根のコンクリート打設を行う予定です。


| Eマンション新築 | 18:48 | comments(2) | - | pookmark |
コンクリート打設
いよいよメインのコンクリート打設。
1階の壁&2階の床スラブです。

朝は8時すぎからスタートしました。

0221

スランプと空気量と塩分濃度を検査しています。右端の筒状のものは試験用のコンクリートです。一定期間(今回は1週間、2週間、4週間)の後、工場で破壊検査を行い、コンクリートの強度をチェックします。

0221

建物2階部分では大勢の職人さんが作業しています。まずは壁部分にコンクリートを流していきます。

0221

下では壁内にコンクリートが密実に充填されるよう、型枠を叩いて締め固めています。
わたしはこの作業を手伝いました。

0221

中央の階段部分も、手際よく打設が進められていきます。

0221

4つに分割された形状の建物の1つのブロックごとに壁と床スラブを打設していき、夕方までかかってようやく全部のコンクリートを打ち終わりました。

最後に左官職人さんが、コテで天端を均一に整えながら仕上げました。


0221

嬉しさ余って、1人記念撮影をしています(笑)
今夜はぐっすり眠れそうです^^

| Eマンション新築 | 20:11 | comments(3) | - | pookmark |
配筋検査(1階壁&2階床)
1階壁と2階の床スラブ配筋工事が終わり、検査を行いました。

0219

四周にぐるりと足場が組まれています。

0219

1階のバルコニー部分です。型枠の足元にモルタルを詰めてありました。

0219

足場の2階です。職人さんが手際よく作業を進めています。

0219

1階中廊下です。2階の床に覆われてトンネルのようになっています。

0219

足場も、3階(?最上階?)まで上がると別世界でした。2階の部屋からはこんな眺めなのでしょうね。海がすぐ近くに見えます。

0219

2階床スラブの配筋もとても綺麗に仕上がっています。

0219

型枠の隙間から何とか撮影したのですが、最も心配している杉板型枠です。監督さんもここを一番気にしておられました。

0219

本当にのどかで素敵な場所ですね^^


明後日の21日に、コンクリート打設を行います。

たぶん足手まといになりますが、わたしも手伝いに行ってきます♪
| Eマンション新築 | 21:08 | comments(2) | - | pookmark |
打合せ
3回目の定例会議を行いました。

前回から話題にしている外装の色決めと照明プランがメイン。

お客さまが気に入られたコーディネートで決まって良かったです^^
手すりの色なども一緒に決定しました。


工事のほうも順調で、当初の工程を前倒しで進めています。これは、現場監督さんの腕が素晴らしいということですね◎

0212

壁の型枠を建てていっているところです。

0212

部屋の形状もわかるようになってきました。

0212

バルコニー側の開口部です。1段高くなった部分が部屋で、あとは水廻りです。

0212

2階へ上がる階段です。
手前は監督さん(笑)

0212

建物の中央に通る中廊下です。両側にそれぞれの部屋の玄関が並びます。
暗くならないように広めに計画し、仕上げも明るい色を選びました。

この廊下がどう見えるかが、実は楽しみだったりしています^^


| Eマンション新築 | 22:10 | - | - | pookmark |
1階壁配筋
今回は、「お忍び」で現場に行ってきました。

あえて連絡しなかったのですが、監督さんがびっくりした顔をしていました(笑)

0208

東側の壁です。こちら側には廊下以外の開口はありません。

0208

南側の面です。バルコニーが付くので大きな開口があり、杉板型枠の打放し仕上げになります。反対の北側も同様です。

0208

職人さんの邪魔にならないよう外側から撮りました。
部屋の内部はこんな感じです^^

上の写真の裏側になります。杉板の型枠を使っているのが見えるでしょうか?

| Eマンション新築 | 22:10 | comments(2) | - | pookmark |
外装仕上げ材の打合せ
今日はお客さまにお時間をいただいて、外装材の色について打ち合わせを行いました。

外壁(中廊下の壁)の色、中廊下の床タイル、玄関ドアなのですが、

高級感のある重厚な雰囲気、
白くスタイリッシュな雰囲気、
寒色系の爽やかな雰囲気、
暖色系の柔らかい雰囲気など、いろいろな組み合わせがありますね。

0201

応接室の床の上に並べて、皆で考えましたよ^^

0201

アクセントとして取り入れる杉板型枠でのコンクリート打放しの壁も考慮しながら・・・楽しい時間を過ごさせていただきました。

0201

現場のほうでは先日の型枠が外され、新たに1階の壁と2階の床スラブの配筋工事へ進んでいます。

| Eマンション新築 | 18:52 | comments(3) | - | pookmark |
配筋検査(基礎梁・スラブ)
基礎と1階床スラブの型枠と配筋が出来たので、打設前の検査を行いました。

昼から振り出した雨が雪混じりになってとても寒く、現場も少し凍っているようで、足元が滑って恐い思いをしました^^;

0128

明後日に予定しているコンクリート打設で、1階の床まで打ちます。

0128

今の段階では、1室1室がとても小さく見えますね。1階の床下は広いピットになっているので、その中の型枠を搬出するために穴を開けてあります。

0128

鉄筋コンクリートにとって重要な「かぶり厚」もチェックしましたよ。

今のところ、順調です◎


| Eマンション新築 | 22:22 | comments(2) | - | pookmark |
基礎型枠工事
第2回定例会議のために現場へ行ってきました。

先日の配筋を囲むように、型枠を建て込んでいっています。

0122

このマンションは中廊下式になっていて、廊下の両側に部屋があります。暗く閉鎖的になりがちな廊下にも風や光が入り込むよう計画しました。

0122

こちらは外壁のアクセントとして採用した杉板型枠でのコンクリート打放しを、基礎の打設ついでに試験的に作ってみたものです。

ちゃんと乾くと、もっと杉の板目が出てくるようで・・・

楽しみにしています^^

| Eマンション新築 | 23:32 | comments(2) | - | pookmark |